聞くこと。それが、相手の心を開く鍵。

 

 

こだわりのヒアリング 

あなたが持っている引き出しを開けていきます。 

細かい情報収集と分析が良質な文章を生み出すのです。 

 

ご存知のように、様々な職業でヒアリングは行われています。医者は患者の様態を聞きます。

営業マンは相手が何を欲しいのかを把握します。

エステや美容院では、どのようにしたいか、なりたいのかをカウンセリングするでしょう。 

文章を書くことも同じです。事前準備をしっかりと行います。 

 

ヒアリング中は余計な口を挟まず、好きなだけ話をしてもらうようにしています。

私が黙って話を聞いていることに戸惑いを感じるかもしれません。

しかし、人は基本的に自分のことを話したがる習性があります。

そこを重視しています。寡黙な性格の方には、こちらが主導で進めていくこともあります。 

 

そして、何事にも興味を持って聞くことを大切にしています。 

相手の表情、目の動き、話をする態度、しぐさ、癖など把握し、よく使う言葉のフレーズ、

声の速さ、トーンなどを観察します。 

そこから、本当にあなたが伝えたいことを読み取っていきます。これは何百件、何千件もヒアリングをして、身につけたライターならではの技だと思っています。 

 

ヒアリングにかかる時間は約1~2時間前後です。 

会話に集中するために、内容はICレコーダーで録音させていただきます。

 

NEWS

Please reload